今年のキノコ狩り

 北海道の人なら誰でも知っているキノコと言えば、カラマツ林に出るハナイグチ(落葉キノコ)である。
 採れる時期は9月下旬から10月上旬の間、この頃夜になるとお月様がまん丸に見え、羊蹄山付近に現れた輝きは格別である。
 キノコが嫌いな人もいますが、採れたての落葉キノコは香りが良く、ナメコのようにヌメヌメっとしていてそれがまた美味しい味が出る。
 塩で保存する方法もありますが、冷凍保存の方が手軽に料理でき、風味も、食感も変わらずおいしく食べられます。
 今年は、気候の異常等で不作でしたが、笹刈りをしているニセコの秘密場所で少しばかり採ることができた。この場所では、胞子が飛んで成長したと思われるキノコが一線状に並んで育っていました。
 次の場所に移動中、熊の足跡を発見、あわてて引き返した。
画像
画像
画像
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック