サクランボの自家栽培

サクランボ栽培は、果樹の中でも難しく手間が掛かり、店頭に並ぶ値段に納得!。サクランボも異なる品種の花粉がないと受粉しない。相性の合う「佐藤錦×ナポレオン×高砂」の3品種の栽培をおすすめ。人口受粉は毛ばたきを使って異なる相互の花粉を2回以上こすり合わせる。また、農薬を散布しないとほとんど収穫は望めません。特に避けられないのは灰星病やオウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶどうの自家栽培

 ぶどうは、ほかの果樹に比べて、雨不足の乾燥でも育つうえ、一本でも結実しますし、植え付け後2年目から実を生らすことも可能ですので、家庭栽培に向いています。実のつき方は、昨年伸びた枝のわき芽から新梢が伸び、5月頃からこの新梢に花が咲き果実となります。剪定は葉が落ちた休眠中(2月までに)に行います。剪定をしないと日当たりの悪いジャングル状態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いちごの自家栽培

 苺は一定の低温期間(寒さにさらす)を経て休眠から覚め、暖かくなって成長を再開し、7月に開花結実します。収穫が終わる頃から親株からランナーが発生し子株が繁殖します。①7月中旬頃にポットを配置して子株を根付かせます。②8月上旬頃、子株が根付きましたらランナーを切り離します。③子株ポットを一箇所に集め、乾燥させないように根株が太くなる(この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭の果樹栽培

 退職後に植えた苗木、サクランボ、りんご、かき、スモモ、プルーン、なし、もも、ぶどう、ぐみ、ブルーベリーなど樹木の成長にしたがって果実の収穫量が増している。適時の飼料投与、剪定作業、人口受粉、農薬散布、草刈り、雪・ねずみ対策など、一定の大きさになるまで手間がかかる。特に、果樹は、殺菌剤、殺虫剤の散布なしではほとんど収穫を見込めない。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜の家庭栽培

 今年の家庭栽培は、ナス、キュウリ、トマト、ねぎ、トウモロコシ、シシトウ、ピーマン、コマツナ、枝豆、トウガラシ、あじうり、すいか、ハクサイ、キャベツ、シソ、にんにく、ラッキョウ、アスパラなどに挑戦しました。野菜は連作を嫌いますのでできるだけ場所を変えて植えています。同じ場所に植える場合は接木苗を購入しましょう。接木苗は多少高めですが、病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リバーサイドフェスティバルin朝里

8月1・2日、朝里川公園自由広場で、小樽・朝里のまちづくりの会主催による「第4回リバーサイドフェスティバルin朝里」が開催されました。大ステージでは、歌謡ショー、楽器演奏、踊り、和太鼓などの熱のこもった演奏や演技で来場者を魅了!、最後は朝里花火大会のフィナーレで約1万人の人々が最高の感動と余韻に溢れ、短い夏を満喫していました。イベント作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝里十字街雪祭り

2月11日、小樽市の朝里十字街広場で、毎年恒例の朝里十字街雪祭りが行われました。会場は雪のオブジェコンテスト、子供宝探しゲーム、玉入れ合戦、歌謡ショーなど、多彩なイベントで盛り上がりました。来場者には温かい甘酒、うどん、おしるこなどがふるまわれ楽しいひとときを過ごされました。夜になるとローソクが灯され、ほのかで幻想的な光りがかもし出して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more