今年も来たニシン

 2月9日早朝から小樽市船浜町海岸に、昨年より二週間ほど早く産卵期を迎えたニシンが押し寄せました。
 浅瀬の海岸は、雄の精子で乳白色に染まり、たくさんのカモメが群がっていました。
 こうしたニシンの到来を群来といい、1950年代を最後に姿を消していましたが、近年、続けて見られるようになり漁業関係者を喜ばしている。
 写真は午前10時過ぎに撮影した情景で、群来の規模は昨年よりも広く銭函方面まで続いているように見えた。
 もう少し早く気付くと、もっと広範囲に色濃く見えているところでしたが残念。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック